読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おトメさん、偉い!

f:id:ookun-tie:20170102150438j:plain

こたつ布団の上で寝ている、なな

 

f:id:ookun-tie:20170102150502j:plain

こたつの中では、シニア2匹

 

f:id:ookun-tie:20170102150617j:plain

そして、キャットタワー最上段では、おトメ!

リラックスして、寝てます

うちに来て、6日目

日々、勢力範囲を拡大し、ついにここに到達

チャッカリさんには、敵わない・・

肉球の色も左右違うし、本当に面白い(^^)

昨夜は、居間で寝ました

隔離されるより、威嚇されても、みんなと一緒がいいらしい

着々と足元を固めていくおトメさんは、偉いです!

おトメさんのめげない姿勢からは、学ぶものが多いです(^_-)

 

 『21世紀のカンボジアを支援する会』から、会報が届きました。この会は、病気や事故、親の離婚などで両親や片親を失い、かつ貧しい家庭の子どもたちが安心して学べるようにと、2003年に『クメール教育里親基金』を創設。現在約400人の子どもたちの教育支援を行っています。私も4年前に会員になり、コンくんという可愛い男の子の里親会員にさせてもらっています。

 また、会が運営するコンポンスプー県にある児童養護施設『夢ホーム』には、現在10才~18才まで13人が生活しています。8月に高校を卒業した少年がプノンペン大学に入学し、10月に2人の女の子がコンポンチヤム県から入園したとのことです。会報で知るコンポンプルック県とか、コンポンチュナン県、カンポット県など、だいぶすんなり頭に入るようになってきました。

 コンくんには3年前に会ったものの、その後は写真や手紙で成長を知るばかりです。彼が社会に出るまで支援は継続しますが、それまでにはまた直接会って言葉を交わしたいと考えています。

 今年も、猫とカンボジアの子どもたち、そしてネパールのチャイルドのことを綴っていきたいと思います。猫の数が増え、大半が猫のことかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。