読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は、バレンタインデー

とても素敵なイラストの缶に入った、チョコレート

友人が教えてくれたので、私も一緒に買わせてもらいました

中のチョコは、六花亭です♪

4缶とも、『I AM  NOT EPHEMERAL』という言葉が添えられています。

EPHEMERAL?

調べてみると、『はかない』という意味だった

(そう言えば、SPRING EPHEMERALは、咲き終わると枯れてしまい、地下茎で残る山野草のことでした)

イラストを描いたのは、それぞれが困難な状況に置かれた少女たち

 

f:id:ookun-tie:20170213212428j:plain

赤い缶にマーガレットを描いたのは、イラクからドイツに逃れた9才の少女

彼女は、ヤジディ教徒

イスラム教徒ではないという理由で、殺されたり、残虐な仕打ちを受けた

そして、安住の地を求めて、ヨーロッパへ渡ったのだという

 

f:id:ookun-tie:20170213215439j:plain

オリーブを描いたのは、チグリス川を渡り、イラクに逃れたシリア難民の15才の少女

少女の父は、ヨーロッパへ渡りません

イラク産の黄色いかぼちゃではなく、シリア産の白いかぼちゃを、2年半かけて見つけたのだそうです

畑を借りてかぼちゃを作り、それで生計をたてて、イラクで生きていくことを選択しました

 

f:id:ookun-tie:20170213215610j:plain

ばらとジャスミンを描いたのは、ヨルダンからイギリスに逃れたシリア難民の16才の少女

シリアにいたとき、父を逮捕しようと家に入ってきた兵士に殴られて、腕を骨折

骨折の治療もできないとき、さらにがんだとわかり、医師にhoperessと告げられます

病気の少女は、母と一緒に受け入れてくれたロンドンへ渡りました

  

f:id:ookun-tie:20170213212119j:plain

チューリップを描いたのは、イラクからドイツに逃れた11才の少女

白血病の少女は、イラク政府の資金によりインドで骨髄移植をしましたが、移植後の検査やワクチン接種を受けるお金がありません

医療の進んだドイツへ渡ったのでした

 

残念ながら、今年のチョコの販売は終了したようです

NPO法人日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET )という、イラクの小児がんの支援、シリア難民イラク国内避難民の支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動をしている組織が行っているものでした。

 

 それなりにいろんなことがあるけど、何と平和な日本!

国を追われるということを実感するのは、難しい・・

テレビを見ては、ため息をつくばかり

 せめて明日、このチョコをいただきながら、世界平和を祈りたいと思います

 

f:id:ookun-tie:20170213205947j:plain

「 アオーン、アオーン」が止まらない

おまけに、マーキング!

メスでも、マーキング?

指折り数えたら、手術まであと17日

ホントに待ち遠しい