読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジア3日目、パートⅣ

f:id:ookun-tie:20140712150636j:plain

          <タ・プローム遺跡のエコーの祠堂 >

 ガイドさんによると、カンボジアの人は悪いものは胸にたまると考えるのだそうです。それで、悪いものや嫌なものがたまったら、ここに来て、胸を叩いて祓うのだとか。この中は、空間になっています。まず、手を叩くように言われて叩いてみたら、叩いた音そのまま。お腹も足も同様。次に胸を叩いてみたら、本当に不思議なことに『ボアーン』と響くのです。みんな驚いて何度も試してみたけど、何度叩いても、誰が叩いても、胸の音だけ響きました。

 どんな、仕組み?なぜ?計算したの?偶然?

あんまり不思議でたくさん叩いたから、かなり祓われたはずです!

 

f:id:ookun-tie:20140712172556j:plain

遺跡内のやしの木。青空の下、緑が映えて、南国だなと見とれてしまいました。

 

f:id:ookun-tie:20140730071256j:plain

黒豆も、玄関のたたきが好き。靴を抱えて、スリスリ。揃えてぬいでおいても、貞治と黒豆が抱えて、ひっくり返したり、反対に向けたり・・・。

 

 

f:id:ookun-tie:20140730071323j:plain

貞治とななは、風除室も好き。黒豆も風除室に行きたいみたいだけど、家族以外の人が怖いから、玄関から出て行けません。