読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジア2日目 パートⅡ

f:id:ookun-tie:20140711115542j:plain

開校式で挨拶する、校長先生

『21世紀のカンボジアを支援する会』の現地職員の方が、文の区切りで、通訳してくれます。

 

f:id:ookun-tie:20140722205050j:plain

式典が終わってから、何が始まるか、興味深々の子どもたち

 

f:id:ookun-tie:20140711123341j:plain

始まったのは、よさこいソーラン

トントロラッチ小学校に,井戸を寄贈した奈良の保育園の園長先生、保育士さんが、披露しました。『ドッコイショ、ドッコイショ』『ソーラン、ソーラン』の掛け声を練習したら、すぐに覚えて、子どもたちが合いの手をいれてくれました。

 

f:id:ookun-tie:20140711124300j:plain

その後、お返しに子どもたちが、『かえるの歌』を日本語で歌ってくれたのです。さんちゃんと一緒に一生懸命練習したそうで、とても上手でした。子どもの吸収力は、すごいですね(^^)

 

f:id:ookun-tie:20140711131950j:plain

トントロラッチ小学校は、平屋で、壁の上部にはレンガブロックがはめてあり、空気の通り道になっています。今日は、カンボジアの祝日 (前国王が亡くなった日)で、学校は休みだったとか。でも、新しい学校を祝って、子どもたちが集まってきてくれたのでした。

 

f:id:ookun-tie:20140711125803j:plain

トントロラッチ小学校の教室

壁が白いので、室内が明るく見えます

机も、教卓も、全部たくさんの方からの贈り物

協力してくださった皆様、本当に有り難うございました

しっかりした作りの立派な机でしたよ

 

f:id:ookun-tie:20140722083300j:plain

ななは、午前中、日が当たらない西側の部屋で寝てました。

 

f:id:ookun-tie:20140722083354j:plain

黒豆は、日が当たる東側の出窓

猫の気持ちは、読めません!